2012年11月12日

知っていますか?おいしい干し柿の作り方

 高知の実家には とても大きな実をつける渋柿の大木があり、毎年、何百個もの実を収穫していました。

夕飯の後で皆で皮をむいて 干し柿作りです。

干し柿だけでなく、ヘタに焼酎を浸けてビニール袋に密封して作る晒し柿も絶品です。甘くなるまでの1週間が待ち遠しかったものです。

皮をむいてつるして、5日ほどたつと 表面は乾いて中身は柔らかくなります。これを 表面を破らないよう、潰して中身が出ないように注意しながら やさしくもんでやります。

この作業を 毎日か1日おきに繰り返します。中身がジュクジュクしなくなって、全体が飴色になったら食べごろです。

固くなった方が好きな人もいるでしょうが、この柔らかい干し柿を食べられるのは 自分で作るからこそ味わえる特権ですね。

私は この柔らかいうちに、ビニール袋かタッパーに入れて 冷蔵庫で保存します。そうすると固くならず、表面には糖が出て真っ白になり、ひときわ甘さも増します。冬の間の お楽しみデザートです。

皮をむいて吊るすだけでなく、ひと手間かけて 干し柿を楽しんでみてください。

この時期になると、父が柿を取りながら、その中の すでに熟して柔らかくなった柿を潰さないように そっととって食べさせえてくれたことを 懐かしく思い出します。頬も手も甘い柿の汁まみれの子ども時代です。

今の時期、平石井神社でも 七五三詣に皆さんいらしゃいます。

ちょと邪道ですが、うちでは千歳飴の袋に長い飴は入っていません。食べやすい飴と 袋を開けた時に子供たちが喜ぶように お楽しみ袋になっています。11月でなくても 予約いただければ対応いたしますので 子供さんの成長をお祝いにおいで下さい。

平石井神社のホームページは こちら
posted by midori at 01:38| Comment(0) | 平石井神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。