2012年09月21日

我が家のネコの話


まず、部屋のドアの取っ手に飛びついて、ドアを開ける技を習得。

次に玄関の網戸を開けて外に出る。

網戸を閉められてしまったら玄関のガラスの重い引き戸を開ける。

玄関をロックされたらベランダからジャンプ。

もうすぐ1歳になるオス猫の話です。

普段開けることのないリビングの網戸を開けようとはしないことから

人の行動を見て学習したようです。

この仔を飼いはじめて9か月になります。

娘が自分の猫が欲しいと貰ってきました。

犬のような性格の猫になったらいいなと オズの魔法使いに出てくるトトという犬の名をとって「トト」と付けました。

願いどおり、まるで犬のような猫になっています。

まず、座ると前足ががに股、歩くとドタドタ足音、娘に呼ばれると犬のように後ろを付いていきます。

見た目は黒いしなやかなシャム猫なのに中身は犬です。

朝、お腹がすくと娘を必死で起こします。

まず、手をかじります。だめなら次に髪の毛をかじりながらひっぱります。

それでもだめならベッドの下でゴルフボールの壁打ちを開始です。

娘はこの仔が可愛くて まるでわが子のような溺愛ぶりを発揮。こまごまと猫グッズをそろえています。

生き物と触れ合うのは確かに心の癒しになりますね。

2歳になるメス猫のミミと共に我が家の大切な家族です。




posted by midori at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。